日本遺産、新たに13件 箱根旧街道や桃太郎の里
本映像はログイン後にご覧いただけます

日本遺産、新たに13件 箱根旧街道や桃太郎の里 文化庁は24日、地域の有形、無形文化財をテーマでまとめて魅力を発信する「日本遺産」として新たに13道県の13件を認定した。第4弾となる今回で計67件となった。新たな日本遺産は神奈川、静岡両県にまたがる箱根の旧東海道を中心とした「旅人たちの足跡残る悠久の石畳道」や、鬼退治の伝承に関係する史跡などで構成する「『桃太郎伝説』の生まれたまち おかやま」など。〈映像内容〉認定証交付式の模様、認定された自治体首長登壇、宮田亮平文化庁長官あいさつ、ゲスト富永あいさん登壇、認定証授与、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年5月24日、撮影場所:東京都千代田区

タグ 文化庁 有形文化財 無形文化財 魅力発信 日本遺産 認定 桃太郎伝説 箱根旧街道 認定証交付式 自治体 宮田亮平 文化庁長官 富永あい フォトセッション あいさつ ゲスト富永 ゲスト富永あい セッション 宮田亮平文化庁長官 宮田亮平文化庁長官あいさつ 文化庁長官あいさつ 旧東海道 東京都千代田区 自治体首長 自治体首長登壇 静岡両県 首長登壇

映像情報

撮影日
2018/05/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
05分07秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov