鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 鉄道物流 南下ルート 拡大 広西チワン族自治区 南寧市 中国 物流 流通 ドローン 空撮 コンテナ コールドチェーン サービス センター ビジネス ビジネス取引 ファイナンスリース フィーダー フィーダーサービス マッチング 一帯一路 中国広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区南寧市 住宅資材 保税倉庫 倉庫配送 包装加工 南寧市物流センター 南寧市鉄道 南寧市鉄道物流センター 小型無人機 広西チワン族自治区南寧市 建築住宅 建築住宅資材 情報マッチング 敷地面積 物流センター 物流パーク 物流建設 穀物食用油 鉄道物流センター 鉄道物流建設 電子商取引

画像情報

登録日時
2018/05/23 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2632×3672 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
27.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ