吉原神社
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

吉原神社 (よしわらじんじゃ)  江戸時代から続いた吉原遊郭の守護神。関東大震災で焼失後、1934(昭和9)年に建立されたが、1945(昭和20)年の東京大空襲で焼失。1968年に再建された 「カラー」

タグ じんじゃ よしわら よしわらじんじゃ 吉原神社 吉原遊郭 東京大空襲 江戸時代 関東大震災

画像情報

登録日時
2018/07/03 16:47:01
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
2471×3488 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
24.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ