高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を作る従業員。(小型無人機から)中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 高級中国茶 霍山黄大茶 中国 安徽省霍山県 お茶 茶葉 生産 加工 中国企業 中国安徽省 中国安徽省六安市 人びと安徽省 人びと安徽省霍山県 六安市霍山県 加熱処理 地元農民 基幹産業 安徽省六安市 安徽省六安市霍山県 小型無人機 希少価値 熟成工程 生育環境 製茶企業 鐘秀茶業 高い品質

画像情報

登録日時
2018/07/08 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2189×3892 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
24.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ