無形文化遺産継承者育成事業の成果展が上海で開催
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

無形文化遺産継承者育成事業の成果展が上海で開催  19日、会場で黒龍江省の無形文化遺産「北安烏魚繍」(烏裕爾河流域の満族、漢族、オロチョン族などの民族の技法が融合して形成された刺しゅう)の技法で作られた作品を紹介する上海視覚芸術学院の閩傑準教授。上海市の8大学が実施した中国無形文化遺産継承者研修・研究・育成事業の優秀成果展が19日、上海市の大世界で開幕した。2015年から中国の文化・観光部と教育部は共同でこの事業を実施しており、専門知識の学習や技法の研究のために無形文化遺産継承者を大学に送り、交流シンポジウムや実践によって、大学の学術や教育資源のサポートを提供し、無形文化遺産の持続可能な発展を促している。同事業では、これまでに千人余りの全国各地の受講生に対する研修・訓練を実施した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国 上海市 大世界 無形文化遺産 中国無形文化遺産継承者研修・研究・育成事業 優秀成果展 開幕 無形文化遺産継承者 交流シンポジウム 中国文化 黒龍江省 北安烏魚繍 上海視覚芸術学院 オロチョン サポート シンポジウム 上海視覚芸術 中国無形文化遺産 中国無形文化遺産継承 全国各地 刺しゅう 北安烏魚 専門知識 教育資源 文化観光 烏裕爾河流 無形文化遺産継承 研修研究 研修研究育成 研修訓練 研究育成 研究育成事業 育成事業 裕爾河流 視覚芸術 視覚芸術学院

画像情報

登録日時
2018/07/19 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2562×3630 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
26.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ