農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県  4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国 福建省 蘇家山村 農業観光 農業 観光 生態系農業 貧困脱却 貧困 中国福建省 中国福建省寧徳市 党支部書記 加工観光 周寧県七歩 周寧県七歩鎮 寧徳市周寧県 寧徳市周寧県七歩 就業起業 後押し福建省 後押し福建省周寧県 支部書記 栽培養殖 栽培養殖加工 福建省周寧県 福建省寧徳市 福建省寧徳市周寧県 貧困世帯 革命根拠地 養殖加工 養殖加工観光

画像情報

登録日時
2018/08/04 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3201×4938 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
45.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ