勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、空から見た勒通古鎮の千戸藏寨。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 四川省理塘県 チベット族 中国文化 民族文化 勒通古鎮 景色 景観 風景 観光 自然 歴史 文化 千戸藏寨 ドローン 空撮 街並み アピール カンゼチベット族自治州 カンゼチベット族自治州理塘県 ダライラマ ダライラマ七世 中国四川省 中国四川省カンゼチベット族自治州 仁康古屋 住居建築 周辺地域 四川省カンゼチベット族自治州 四川省カンゼチベット族自治州理塘県 大型住居 大型住居建築 小型無人機 波及効果 発信四川省 発信四川省理塘県 自然景観 貧困扶助 高原地域

画像情報

登録日時
2018/08/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2178×3500 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
21.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ