競泳序盤にメダル有望種目 東京五輪、水泳の日程
本映像はログイン後にご覧いただけます

競泳序盤にメダル有望種目 東京五輪、水泳の日程 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が12日、五輪水泳の詳細な日程を発表し、競泳は序盤に日本のメダル有望種目を実施することになった。開会式翌日の7月25日から9日間行われ、初日に女子でアジア大会6冠の池江璃花子選手が最も得意とする女子100メートルバタフライや男女の400メートル個人メドレーなどの予選が争われる。400メートル個人メドレーは7月26日午前が決勝で、男子の萩野公介選手や瀬戸大也選手、女子の大橋悠依選手らが日本競泳陣のメダル第1号となる可能性がある。〈映像内容〉大会組織委員会などによる記者会見、室伏広治スポーツディレクターによる水泳の詳細な日程発表など、撮影日:2018(平成30)年9月12日、撮影場所:東京都内

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 オリパラ オリンピック 五輪水泳 競泳 池江璃花子選手 萩野公介選手 瀬戸大也選手 大橋悠依選手 室伏広治 IOC バッハ会長 森喜朗 アジア大会 スポーツ スポーツディレクター ディレクター バタフライ パラリンピック パラリンピック組織委員会 個人メドレー 大会組織委員会 大橋悠依 室伏広治スポーツ 室伏広治スポーツディレクター 日本競泳 日程発表 東京五輪 東京都内 池江璃花子 瀬戸大也 競泳序盤 組織委員会 萩野公介

映像情報

撮影日
2018/09/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分15秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov