進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に  海淀区の清華大学付属小学校で伝統文化を学ぶ児童。(2018年5月撮影)北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国 北京 義務教育入学政策 義務教育総合改革 穏中求進 学校選び 学校 教育 進学 清華大学付属小学校 伝統文化 中国文化 児童 入学 グループ グループ傘下 プロセス 付属小学校 企業グループ 入学制度 入学政策 入学試験 合理的入学 合理的入学政策 小中学校 居住場所 教育事業 教育機関 教育機関企業グループ 教育資源 清華大学 清華大学付属 総合改革 総量拡大 義務教育 義務教育入学 義務教育総合 記録監視

画像情報

登録日時
2018/05/31 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1956×3000 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
16.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ