「新華社」コムギの発芽防ぐ極小「レインコート」技術開発
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」コムギの発芽防ぐ極小「レインコート」技術開発 中国科学院合肥物質科学研究院はこのほど、同研究院技術生物所の研究員が、手を加えた天然のナノメートル素材を使用して一種の麦穂発芽防止剤を開発したことを明らかにした。コムギの粒をナノメートル素材の「レインコート」で覆うような作用を発揮して発芽を防止するもので、化学農薬による麦穂発芽抑制方法に取って代わることが可能であるという。このプロジェクトは、同研究院技術生物所の呉麗芳(ご・れいほう)研究員の研究チームが推進したもので、関連の成果は米国化学会発行の学術誌「サスティナブルケミストリー&エンジニアリング」に発表された。コムギの収穫期は長雨や高湿度の季節に重なることが多く、麦穂の発芽が頻繁に発生する。それはコムギの生産量に影響し、また加工品質と使用価値をはなはだしく低下させるなど経済的な損失につながり、世界的な農業問題となっている。科学研究者によると、抗発芽性品種と適正な時期の種まき、化学的抑制が発芽抑制の通常の方法だが、化学的抑制はコストが高く、安定性に欠け、環境汚染を起こしやすく、汚染予防の的確な方法がないなどの明白な欠点があるという。現在では、人々のより良い生活と食品品質に対するニーズが増大するのに伴って、低コストで、無害で、効率的な発芽抑制技術への市場のニーズが高まっている。研究チームは天然ナノメートル素材のアタパルジャイト(天然の硅酸塩鉱物で、酸性白土と総称される吸着性粘土の一種)に手を加え、一種の疎水性ナノメートル素材を開発した。同素材はコムギの粒の表面に緻密な疎水層を形成し、コムギの種子の呼吸と水分吸収を顕著に抑制する。この技術は使用が簡単で、環境に優しいなどの利点を備え、コムギ品質の向上と化学農薬使用量の低減に重要な意義を持ち、高い将来性を備えている。(記者/曹力)<映像内容>研究の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 麦穂発芽防止剤 コムギ 発芽防止 農業 開発 環境 研究 中国 アタパルジャイト エンジニアリング コムギ品質 サスティナブルケミストリー ナノメートル ナノメートル素材 プロジェクト レインコート 中国科学院 中国科学院合肥 中国科学院合肥物質科学 使用価値 加工品質 化学農薬 化学農薬使用 合肥物質科学 合肥物質科学研究 天然ナノメートル 天然ナノメートル素材 学会発行 技術生物 技術開発 抑制技術 抑制方法 水分吸収 汚染予防 物質科学 物質科学研究 環境汚染 疎水性ナノメートル 疎水性ナノメートル素材 発芽抑制 発芽抑制技術 発芽抑制方法 研究チーム 硅酸塩鉱物 科学研究者 米国化学会 米国化学会発行 農業問題 農薬使用 酸性白土 食品品質 麦穂発芽 麦穂発芽抑制 麦穂発芽防止

映像情報

撮影日
2018/09/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分08秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4