「新華社」フリギー社初の「未来景勝地」モデルスペースが西渓湿地に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」フリギー社初の「未来景勝地」モデルスペースが西渓湿地に 中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の観光ブランド「飛猪」(フリギー、Fliggy)社は中秋節の連休期間中に、「未来景勝地」モデルスペースを中国杭州市の西渓国家湿地公園で公開した。ここでは、観光客はオンラインまたはオフラインで入場チケットを購入し、顔認証で入園する。園内ではスマート化ミニプログラム「スマートガイド」が観光客のナビゲーション、観光案内、ガイド、買い物の手助けを行い、「観光地ブレーン」がデータプラットフォームの構築を後押しし、スマート管理やデジタル化運営の実現を助ける。「未来景勝地」は3年以内に千カ所の観光地で実施する計画だ。スマートパトロール、スマートパーキング、スマートモニタリング、スマート街路灯などの運用が期待されている。全業態の顔認証決済、クレジットによる後払い、全エリアでのアリペイ(支付宝)使用など一連の決済ソリューションも観光地で実用化される。(記者/王懌文)<映像内容>西渓国家湿地公園で開催された未来景勝地モデルスペース展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 杭州市 電子商取引 アリババ 飛猪 フリギー Fliggy 中秋節 未来景勝地 西渓国家湿地公園 IT 顔認証 スマート 決済 ソリューション アリババグループ アリババグループ傘下 アリペイ オフライン オンライン スペース スペース展示 スマートガイド スマートパトロール スマートパーキング スマートモニタリング スマート化 スマート化ミニ スマート化ミニプログラム スマート管理 スマート街路 チケット デジタル化 デジタル化運営 データプラットフォーム ナビゲーション パトロール パーキング ブランド ブレーン プラットフォーム プログラム ミニプログラム モデルスペース モデルスペース展示 モニタリング 中国杭州市 中国電子商取引 入場チケット 国家湿地 国家湿地公園 大手アリババグループ 大手アリババグループ傘下 景勝地モデル 景勝地モデルスペース 未来景勝地モデル 決済ソリューション 湿地公園 西渓国家 西渓国家湿地 西渓湿地 観光ブランド 観光地ブレーン 観光案内 認証決済 連休期間中 顔認証決済

映像情報

撮影日
2018/09/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分13秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4