空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市僑港鎮の電建漁港のふ頭に帰港し水揚げする漁師。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 広西チワン族自治区北海市 海岸都市 風景 景色 景観 ドローン 空撮 古代海上シルクロード 一帯一路 電建漁港 ふ頭 水揚げ 漁師 漁業 シルクロード 中国広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区北海市 北海市僑 古代海上 対外開放 小型無人機 広西チワン族自治区 広西チワン族自治区北海市僑 沿海開放 沿海開放都市 海上シルクロード 海岸都市広西チワン族自治区 都市広西チワン族自治区 都市広西チワン族自治区北海市 開放都市

画像情報

登録日時
2018/09/26 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2092×3257 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
19.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ