「新華社」茶摘みからお茶の品評まで、留学生たちが安徽の茶文化を感じる
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」茶摘みからお茶の品評まで、留学生たちが安徽の茶文化を感じる 中国国家留学基金管理委員会(CSC)が主催し、中国科学技術大学が運営する「中国を感じる-進取の安徽」をテーマとした留学生の社会体験イベントがこのほど、安徽省黄山市祁門(きもん)県で行われた。27カ国・地域の留学生78人が茶摘みや茶の品評を通して安徽の茶文化を体験した。同県の歴口生態茶園では、留学生が茶摘み籠を背負い、夏秋茶を摘んで「徽州の茶摘み人」の生活を体験した。【解説】留学生はその後、祁紅博物館を訪問。試飲ホールでは、茶器を並べ、茶葉の色や形を鑑賞し、湯を注いで茶杯や急須を温め、茶葉を入れ、洗茶(1煎目をすぐに流して捨てること)をするなど、一連の茶道の作法を学びながら、自らお茶を淹れて味わった。<映像内容>留学生が茶文化を体験するイベント、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 茶摘み 品評 留学生 中国 安徽 茶文化 中国国家留学基金管理委員会 CSC 中国科学技術大学 歴口生態茶園 夏秋茶 祁紅博物館 試飲 茶器 茶葉 洗茶 茶道 文化交流 伝統 イベント 中国国家 中国国家留学 中国科学技術 体験イベント 国家留学 国家留学基金 基金管理 基金管理委員会 安徽省黄山市 安徽省黄山市祁 生態茶園 留学基金 留学基金管理 社会体験 社会体験イベント 科学技術 科学技術大学 管理委員会 紅博物館 茶摘み籠 試飲ホール 黄山市祁

映像情報

撮影日
2018/10/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社V

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分35秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4