「鳳凰」の羽ばたきを夢見て-大興国際空港の若き建設者たちの国慶節
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 「鳳凰」の羽ばたきを夢見て-大興国際空港の若き建設者たちの国慶節  1日、建設中の北京大興国際空港。(小型無人機から)中国北京市の天安門広場から南に46キロ離れた北京大興国際空港建設現場には1日午後、忙しく活気あふれる光景が広がっていた。工事現場は大型トラックが次々と走り去り、大きな機械音が鳴り響き、空港建設に携わる労働者たちはいつもと変わらず労働の中で、今年の国慶節を迎えた。大きな注目を集めている北京大興国際空港のターミナルビル工事はすでに、内装工事、電気機械設置、ボーディングブリッジなどの施工が本格段階を迎えている。ターミナルビルの内装工事は2019年4月に完成する見込み。北京建工集団の北京大興国際空港コンコース工事事業総請負部党総支部書記、曹常海(そう・じょうかい)氏は「ここで国慶節を過ごすのは3回目になる」と語った。国慶節の連休期間中も現場は工事を中断せず、施工ペースも通常通りだという。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 北京大興国際空港 建設現場 建設 ターミナルビル 工事 施工 現場 国慶節 建国記念日 連休 労働者 ドローン 空撮 風景 景色 景観 そうじょう コンコース コンコース工事 コンコース工事事業 ターミナル ターミナルビル工事 トラック ビル工事 ボーディングブリッジ 中国北京市 内装工事 北京大興国際空港コンコース 北京大興国際空港コンコース工事 北京大興国際空港建設現場 北京建工 国際空港 大型トラック 大興国際空港 天安門広場 小型無人機 工事事業 工事現場 建工集団 支部書記 施工ペース 本格段階 機械設置 空港建設 連休期間中 電気機械 電気機械設置

画像情報

登録日時
2018/10/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2408×3789 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
26.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ