「新華社」トヨタとソフトバンクが新会社設立モビリティサービスを提供
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」トヨタとソフトバンクが新会社設立モビリティサービスを提供 日本のトヨタ自動車とソフトバンクは4日午後、東京で共同会見し、新しいモビリティサービスを手掛ける新会社を共同で設立すると発表した。新会社は「MONETTechnologies(モネテクノロジーズ)株式会社」。「MONET」は「MobilityNetwork」に由来する。トヨタが構築したコネクテッドカーの情報基盤「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、ソフトバンクがスマートフォンやセンサーデバイスでデータを収集し分析する「IoT(モノのインターネット)プラットフォーム」を基礎とし、車や人の移動に関する各種データを活用することでユーザーのニーズに最も適したモビリティサービスを提供していく。<映像内容>トヨタとソフトバンクが新会社設立の会見の様子、撮影日:2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ トヨタ ソフトバンク 新会社 設立 モビリティ モネテクノロジーズ MONETTechnologies MONET 提携 会見 自動車 IT AI MSPF MobilityNetwork コネクテッドカー スマートフォン センサー センサーデバイス デバイス トヨタ自動車 プラットフォーム モノのインターネット モビリティサービス モビリティサービスプラットフォーム ユーザー 会社設立 会社設立モビリティサービス 各種データ 情報基盤 株式会社

映像情報

撮影日
2018/10/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4