「新華社」インターモト2018、デジタル化と電動バイクに注目
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」インターモト2018、デジタル化と電動バイクに注目 世界最大級のモーターサイクルショー「インターモト2018」が3日、ドイツ・ケルンのケルンメッセで開幕した。今回は主にデジタル化や電動バイクに注目が集まっている。同展示会はモーターサイクルの国際見本市で、オートバイやバギーカー、モペッド、スクーター、自転車、関連部品などが展示される。2年に1度開催され、今回は世界40カ国・地域から1041社が出展した。会場では、各国のメーカーが競って新製品を発表し、オートバイ産業の発展の勢いを示している。新製品のオートバイはカラフルかつパワフルで、より快適に運転できる。最新のヘルメットにはディスプレイやインカムが搭載され、デジタルネットワークとの接続により、事故の発生が防げるようになっている。同展示会の開催期間は7日まで。(記者/王平平)<映像内容>モーターサイクルショー「インターモト2018」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ドイツ ケルン ケルンメッセ モーターサイクルショー インターモト バイク オートバイ バギー モペッド スクーター 自転車 見本市 運転 ヘルメット インカム インター オートバイ産業 カラフル ディスプレイ デジタル デジタルネットワーク デジタル化 ドイツケルン ネットワーク バギーカー パワフル メーカー モーターサイクル 世界最大 国際見本市 開催期間 関連部品 電動バイク

映像情報

撮影日
2018/10/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4