花で描くスポーツの名シーン 東京・晴海
本映像はログイン後にご覧いただけます

花で描くスポーツの名シーン 東京・晴海 色とりどりの花を使い、スポーツの名シーンを描き出した巨大なカーペットの展示イベントが13日、東京・晴海で始まり、オープニングセレモニーが開かれました。この日始まったのは、今年18回目になる「フラワーカーペット晴海2018」で、毎年さまざまなテーマで地元の人たちが参加して、フラワーアートを作り出しています。今年は「スポーツの花絨毯」と題し、印象に残るアスリートが5つのキャンバスに花で描かれました。縦7メートル、横7メートルのカーペットには、重量挙げの三宅宏実選手や、競泳の萩野公介選手、卓球の平野美宇選手、スノーボードの平野歩夢選手らの思い出のシーン。ひときわ大きな縦横10メートルのカーペットには、陸上男子ハンマー投げの金メダリストで2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のスポーツディレクターを務める室伏広治さんが力強く描き出されました。花絵の制作にはおよそ230人が参加し、合わせておよそ7万本の花が使われたということです。「フラワーカーペット晴海2018―スポーツの花絨毯―」は、16日まで行われます。<映像内容>花絵物撮りなど雑観、撮影日:2018(平成30)年10月13日、撮影場所:東京都中央区 晴海トリトンスクエア

タグ 花絵 スポーツ 名シーン 晴海 オープニングセレモニー フラワーカーペット晴海2018 フラワーアート 花絨毯 三宅宏実 萩野公介 平野美宇 平野歩夢 室伏広治 晴海トリトンスクエア アスリート イベント カーペット カーペット晴海 キャンバス スクエア スノーボード スポーツディレクター ディレクター ハンマー投げ パラリンピック パラリンピック大会組織委員会 フラワー フラワーカーペット フラワーカーペット晴海 メダリスト 三宅宏実選手 大会組織委員会 展示イベント 平野歩夢選手 平野美宇選手 晴海トリトン 東京晴海 東京都中央区 男子ハンマー投げ 色とりどり 萩野公介選手 重量挙げ 金メダリスト 陸上男子 陸上男子ハンマー投げ

映像情報

撮影日
2018/10/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分59秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov