「新華社」孔子を祭る、北宋時代の楽舞を再現
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」孔子を祭る、北宋時代の楽舞を再現 「中華文化の継承と革新シリーズイベント」として「雅楽公演」が10日夜、中国北京市の中華文化学院で開催された。山東省の曲阜(きょくふ)師範大学雅楽研究センターの雅楽団が、孔子を祭る楽舞の最高傑作である、北宋大観4年(1110年)の楽舞を再現し、中華民族に長く伝わる、儒家の礼節や道徳といった文化を表現した。今回の雅楽の演出は、迎神(神を迎える)、初献(1回目の献酒)、奠幣(てんぺい、御幣を供える)、亜献(2回目の献酒)、終献(3回目の献酒)、送神の六つの部分から成る。雅楽団のメンバーは漢服を身にまとい、中国古代の楽器である鐘(しょう)や磬(けい)を奏で、その音色を鳴り響かせた。(記者/王海権、張文)<映像内容>孔子を祭る楽舞の様子、撮影日:2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京市 雅楽公演 孔子 中華文化学院 北宋時代 楽舞 雅楽団 歴史 伝統 遺産 文化 伝統音楽 音楽 演奏 きょくふ てんぺい イベント シリーズイベント センター メンバー 中国北京市 中国古代 中華文化 中華民族 北宋大観 大学雅楽 大学雅楽研究 師範大学 師範大学雅楽 文化学院 最高傑作 研究センター 雅楽研究 雅楽研究センター 革新シリーズ 革新シリーズイベント

映像情報

撮影日
2018/10/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分12秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4