中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に  10日、タジキスタンの首都にあるドゥシャンベ101学校の教室の窓に貼られた切り紙。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ タジキスタン ドゥシャンベ101学校 中国企業 特変電工 TBEA 建設 支援 中国・タジキスタン友好学校 国際支援 教育 切り紙 TBEA イベント イベントホール サッカー場 タジキスタン友好 タジキスタン友好学校 タジキスタン友情 ドゥシャンベ バスケットボール メイン講義 一般教室 中国タジキスタン 中国タジキスタン友好 友好学校 変圧器大手 大型イベント 大型イベントホール 学校中国 学習環境 屋外サッカー場 建築面積 建設支援 教育資源 敷地面積

画像情報

登録日時
2018/10/10 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3648×5472 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
57.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ