総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 福建省 福州市 福州版 オペラハウス 海峡文化芸術センター 文化 空撮 ビル群 イメージ オペラ劇場 オープン サービスセンター ジャスミン スクリーン センター デザイナー デザイン フィンランド プログラム ペッカサルミネン メインデザイナー 上演プログラム 上演回数 上演契約 世界的建築家 中国福建省 中国福建省福州市 中央文化 中央文化ホール 保利文化 保利文化集団 公益活動 各種上演 各種上演プログラム 同市福州 同市福州新 多目的劇場 延べ床面積 敷地面積 文化ホール 文化拠点 文化芸術 文化芸術センター 文化集団 映画センター 海峡文化 海峡文化芸術 福建省福州市 管理企業 芸術センター 芸術博物館 運営管理 運営管理企業 音楽ホール

画像情報

登録日時
2018/10/10 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2155×3342 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
20.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ