「新華社」高さ80メートルの「大茶碗」を空撮江西省景徳鎮
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」高さ80メートルの「大茶碗」を空撮江西省景徳鎮 中国江西省景徳鎮市でこのほど、「茶椀」型の建築が竣工した。高さ80メートル、口の部分の直径80メートル、高台(底の部分)の直径40メートルの「茶碗」の正体は、景徳鎮昌南里文化芸術センターだ。この建築は景徳鎮独特の斗笠碗をかたどった重厚かつ優美なもので、「万瓷之母」(全ての磁器の母)を象徴している。外壁には世界最先端のレーザー投影技術(プロジェクションマッピング)によって磁器の都・景徳鎮の姿を全面的、ダイナミックに映し出す。中庭にはピロティ構造を採用、内部空間は4層構成、建築面積は9千平方メートルとなっている。同センターは公演や展覧会、学術会議、美術品オークション、文化サロンなどに利用されることになっており、2018年景徳鎮国際陶磁博覧会の開催期間(10月18~22日)中にプレオープンし、今年末には正式オープンする予定。(記者/彭菁)<映像内容>茶椀型の建築竣工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 江西省 景徳鎮市 茶碗 建築 建設 景徳鎮昌南里文化芸術センター プロジェクションマッピング 公演 展覧会 学術会議 オークション サロン 景徳鎮国際陶磁博覧会 空撮 オープン センター ピロティ ピロティ構造 プレオープン レーザー レーザー投影 レーザー投影技術 世界最先端 中国江西省 中国江西省景徳鎮市 内部空間 南里文化 南里文化芸術 国際陶磁 国際陶磁博覧 国際陶磁博覧会 建築竣工 建築面積 投影技術 文化サロン 文化芸術 文化芸術センター 昌南里文化 景徳鎮国際 景徳鎮昌 江西省景徳 江西省景徳鎮 江西省景徳鎮市 空撮江西省 空撮江西省景徳 芸術センター 都景徳鎮 鎮国際陶磁 鎮昌南里 開催期間 陶磁博覧 陶磁博覧会

映像情報

撮影日
2018/10/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分40秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4