「新華社」華南理工大学、脳制御式車いすを展示世界ロボット大会
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」華南理工大学、脳制御式車いすを展示世界ロボット大会 中国北京市の亦創国際コンベンションセンターで15日から開催されている世界ロボット大会2018で、華南理工大学のBCI(BrainComputerInterface)チームが、研究成果である「BCI脳制御式車いす-ロボットアームシステム」を展示している。BCIチームのメンバーは17日、会場内の展示ブースで同システムを実演。脳波などの生理学的信号によって、車いすを動かしたり、物をつかむなどの操作を行い、来場者の注目を集めた。(記者/岳晨星、馬悦)<映像内容>世界ロボット大会で脳制御式車いすを実演、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 亦創国際コンベンションセンター 世界ロボット大会 華南理工大学 BCIチーム BrainComputerInterface 研究 BCI脳制御式車いす ロボットアームシステム 実演 脳波 生理学的信号 車いす BCI脳 BCI脳制御 コンベンションセンター システム メンバー ロボット ロボットアーム ロボット大会 世界ロボット 中国北京市 創国際コンベンションセンター 国際コンベンションセンター 展示ブース 展示世界 展示世界ロボット 研究成果

映像情報

撮影日
2018/08/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
03分19秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4