橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  重慶市と貴陽市を結ぶ渝貴鉄道の夜郎河特大橋を通過する高速鉄道の列車。(1月11日、小型無人機から)同橋は貴州省遵義市桐梓県内にあり、主橋の設計には鉄筋コンクリート構造の逆アーチ形が採用された。径間は最大370メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 貴州省 高原 プレートガーダー構造 補剛桁つり橋 カルスト台地 建設 交通 橋の博物館 風景 景色 景観 ドローン 空撮 渝貴鉄道 夜郎河特大橋 高速鉄道 列車 カルスト ガーダー ガーダー構造 プレート プレートガーダー 剛桁つり橋 唯一平原 夜郎河特大 小型無人機 改革開放 桁つり橋 桐梓県内 精神貴州省 貴州省遵義市 貴州省遵義市桐梓 遵義市桐梓 遵義市桐梓県内 鉄筋コンクリート構造

画像情報

登録日時
2018/01/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2250×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
19.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ