「新華社」一体化交通システム、粤港澳大湾区の発展のエンジンに
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」一体化交通システム、粤港澳大湾区の発展のエンジンに 粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の「1時間生活圏」の確立に伴い、地域一体化交通システムの建設が地域経済発展をけん引する「エンジン」となっている。このほど開催された「粤港澳大湾区-チャンスの下での相互融合・相互接続フォーラム」では、2017年の香港、マカオ、広州、深圳、珠海の5大空港の旅客取扱量が2億人を超え、貨物取扱量は約800万トンに達したと中国民航総局のデータが公表された。輸送規模は世界のベイエリア空港の中トップに立つものだ。陸上交通の面では同じく、交通インフラの整備が粤港澳大湾区都市間の優位性相互補完、資源共有、協調的発展を実現するための基礎となっている。広州、深圳、香港を結ぶ広深港高速鉄道は、粤港澳大湾区を貫いており、香港、珠海、マカオをつなぐ港珠澳大橋も間もなく開通する。さらに深圳と中山を結ぶ橋梁工事や明珠湾大橋もすでに着工しており、虎門二橋はまもなく開通する予定で、粤港澳大湾区内の交通網システムが発展している。(記者/白瑜、李思佳、王豊)<映像内容>一体化交通システム建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 広東 香港 マカオビッグベイエリア 粤港澳大湾区 一体化交通システム 建設 経済 交通インフラ 空港 広深港高速鉄道 港珠澳大橋 明珠湾大橋 インフラ エンジン システム システム建設 チャンス フォーラム ベイエリア ベイエリア空港 一体化交通 中国民航 中国民航総局 交通システム 交通システム建設 交通網システム 地域一体化 地域一体化交通 地域経済 地域経済発展 大湾区内 広東香港 広東香港マカオビッグベイエリア 接続フォーラム 旅客取扱 橋梁工事 民航総局 港澳大湾 澳大湾区内 相互接続 相互接続フォーラム 相互融合 相互融合相互 相互補完 融合相互 融合相互接続 貨物取扱 資源共有 輸送規模 陸上交通 香港マカオビッグベイエリア

映像情報

撮影日
2018/10/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分46秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4