第5回世界仏教フォーラムで参加者を魅了した莆田木彫
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 第5回世界仏教フォーラムで参加者を魅了した莆田木彫  29日、フォーラム参加者に自身が制作した金絲楠の木彫作品「木蘭渓頌(もくらんけいしょう)」を紹介する莆田木彫の代表的継承者、林建軍(りん・けんぐん)氏(右)中国福建省莆田(ほでん)市で29日から2日間の日程で開催された第5回世界仏教フォーラムの会場では、仏教を題材にした見事な莆田木彫や牙彫(げちょう)の代表作が展示され、世界各地から訪れた高僧らを迎えた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 福建省 莆田市 第5回世界仏教フォーラム 仏教 莆田木彫 牙彫 高僧 芸術 金絲楠 「木蘭渓頌(もくらんけいしょう)」 くらんけ フォーラム フォーラム参加 世界仏教 世界仏教フォーラム 世界各地 中国福建省 中国福建省莆 仏教フォーラム 代表的継承 木彫作品 木蘭渓頌 福建省莆 福建省莆田

画像情報

登録日時
2018/10/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2500×3800 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
27.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ