「新華社」スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京 中国北京市の東単に7日、1軒のファストフード店がオープンした。開店早々、通行人の注目を集めているこの店は、他の飲食店と異なり、料理人ではなくロボットに全ての調理を任せている。利用客は店頭の電子注文機やスマートフォンの無料対話アプリ微信(WeChat)の店舗公式アカウントを使って注文すると、すぐに熱々の料理が食べられる。【解説】スマート調理ロボットは自動クリーンシステムによって、油煙のない厨房を実現した。調理をする時は、食材や調味料を入れた容器をセットするだけで、ロボットが設定された手順に従って炒め物をし、一定の味付けの料理ができるようになっている。調理完了後はロボット内部の洗浄も自動でできる。店では、研究開発とプログラミングを通して、ロボットに登録するメニューを常に更新し、消費者の多元的なニーズを満たすことも可能だ。(記者/王君璐)<映像内容>スマート調理ロボットのファストフード店の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 東単 スマート調理ロボット ファストフード店 電子注文機 スマートフォン 無料対話アプリ 微信 WeChat 研究開発 厨房 料理 自動 IT IoT WeChat オープン クリーン クリーンシステム システム スマート スマート調理 ファストフード プログラミング メニュー ロボット ロボット内部 中国北京市 公式アカウント 対話アプリ 店舗公式アカウント 無料対話 登場北京 自動クリーン 自動クリーンシステム 調理ロボット 調理完了 開店早々 電子注文

映像情報

撮影日
2018/11/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分25秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4