「新華社」マカオでフードフェスティバル開催有名飲食店100店以上が出店
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」マカオでフードフェスティバル開催有名飲食店100店以上が出店 中国マカオ特別行政区で9日、第18回マカオフードフェスティバルが開幕した。有名飲食店100店以上が出店し、中国と西洋の料理を融合させたマカオの多彩な食文化を披露。さらなる創作性を発揮した料理の数々は、訪れた市民や観光客に新たな食体験をもたらした。フェスティバルはすでにマカオの年間イベントの一つとして定着しているが、これは中小零細企業が主体のマカオ飲食業が団結し、継続的に発展していくことが目的であり、マカオを世界の観光・レジャーの中心地としていく政策にも呼応していると語った。フェスティバルの会期は17日間。今回は「工夫を凝らした料理の数々、世界に誇る美食の都」をテーマに「美食の都」や粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)などの要素も取り込んだ。会場に設置された150以上のブースでは、本格的中国料理や欧州料理を体験できるほか、さわやかな香りが漂うスイーツ屋台や刺激的な味で立ち寄る人びとを虜にするアジア屋台、魅力的な各種小吃(軽食)などが楽しめる。今回のフェスティバルでは、シンガポールの人気店も出店し話題を集めた。会場には「シンガポール村」が設置され、マカオのグルメ以外にも、異国のグルメや文化、ライブステージが楽しめるようになっている。(記者/郭鑫)<映像内容>マカオフードフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 マカオ マカオフードフェスティバル 料理 融合 食文化 創作 観光 ユネスコ創造都市ネットワーク 美食の都 グルメ 屋台 国際交流 アジア屋台 イベント シンガポール スイーツ スイーツ屋台 ステージ フェスティバル フェスティバル開催 フードフェスティバル フードフェスティバル開催 マカオビッグベイエリア マカオフード マカオ特別行政区 マカオ飲食業 ユネスコ ライブステージ レジャー 中国マカオ特別行政区 中国料理 中小零細企業 創造都市ネットワーク 各種小吃 年間イベント 広東香港 広東香港マカオビッグベイエリア 本格的中国料理 欧州料理 港澳大湾 観光レジャー 香港マカオビッグベイエリア

映像情報

撮影日
2018/11/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分31秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4