「新華社」「水中の妖精」長江スナメリ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「水中の妖精」長江スナメリ 長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6カ月で、平均9~10歳となっている。(記者/肖芸九、饒饒)<映像内容>スナメリが泳いでいる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 長江 スナメリ イルカ 水中の要請 水生哺乳類 生きた化石 鄱陽湖 洞庭湖 生息 中国 国宝 保護 人工飼育 中国科学院水生生物研究所 武漢ヨウスコウカワイルカ館 ヨウスコウカワイルカ 中下流域 中国科学院 中国科学院水生 中国科学院水生生物 人工飼育保護 武漢ヨウスコウカワイルカ 水生生物 水生生物研究所 生物研究所 科学調査 科学調査研究 移転保護 調査研究 長江スナメリ 飼育保護

映像情報

撮影日
2018/11/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分38秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4