パイロット飲酒で防止策 日航、全日空が国交省に報告書
本映像はログイン後にご覧いただけます

パイロット飲酒で防止策 日航、全日空が国交省に報告書 日航のロンドン発羽田行きの副操縦士が大量飲酒を理由に英国の現地警察に逮捕されたことを巡り、同社は16日、国土交通省に、再発防止策や問題の経緯をまとめた調査報告書を提出した。国交省を訪れた日航の赤坂祐二社長は「多大なご迷惑をおかけして申し訳ない。再発防止策を実行したい」と謝罪した。 全日空も同日、グループ会社の機長=諭旨退職=が乗務前日の飲酒による体調不良で交代となり、遅れを出した問題に関し、同様に報告書を提出した。国交省は大手2社で飲酒不祥事が相次いだことを重視し、両社に16日までの報告を求めていた。<映像内容>国交省の蝦名邦晴航空局長(手前)に調査報告書を提出し、謝罪する日航の赤坂祐二社長(向かって右、左は進俊則専務執行役員)、続いて調査報告書を提出する全日空の清水信三専務執行役員(向かって右、左はANAウイングスの木原真理子常務)など、撮影日:2018(平成30)年11月16日、撮影場所:国交省

タグ 日航 飲酒不祥事 国土交通省 再発防止 調査報告書 全日空 ANA JAL ANAウイングス ウイングス グループ会社 パイロット パイロット飲酒 ロンドン 体調不良 俊則専務執行役員 信三専務執行役員 副操縦士 向かって右 専務執行役員 木原真理子 木原真理子常務 清水信三 清水信三専務執行役員 現地警察 真理子常務 祐二社長 蝦名邦晴 蝦名邦晴航空局 諭旨退職 赤坂祐二 赤坂祐二社長 進俊則専務執行役員 邦晴航空局

映像情報

撮影日
2018/11/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分06秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov