「新華社」採石場跡地にホテル!深さ88メートルの奇跡の建築
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」採石場跡地にホテル!深さ88メートルの奇跡の建築 中国上海市松江区でホテル「インターコンチネンタル上海ワンダーランド」(世茂深坑洲際酒店)が15日、開業した。12年の歳月をかけ、64項目もの技術上の難題を克服した建物は、地表から深さ88メートルの穴の底に向かって建てられている。崖の間に立ち、座って滝を眺め、魚と一緒に眠れるという、建物と自然が融合した奇観を体験しに行こう。街中で「上に向かって展開」していく従来のホテル建築と異なり、深坑ホテルの地上部分は2階までしかなく、メイン空間は全て下へ向かって展開している。この場所はかつて松江区佘山(しゃざん)鎮の採石場跡地で、最も深いところは約88メートル、傾斜角は約80度ある。独特の地質条件が一連のかつてない建築上の難題をもたらした。事前の地質調査と研究論証だけで7年かかり、続く5年の施工期間中にも、64項目もの技術上の難題を克服してきた。爆破から杭打ち、コンクリート搬送、異形鉄筋を用いた主体構造部の施工、崖面のカーテンウォール施工など、現場の実情に合わせて絶えず新たな施工方式を模索した。空中から深坑ホテルを俯瞰(ふかん)すると、一方では自然の植物やかつて採石工たちがはしごで下りた山の断崖絶壁が保存され、人工の滝が崖の下の湖水へと流れ落ちているのが見える。一方では、深い崖の壁面に沿って建てられた通常の客室とスイートルーム合わせて336室がある。そのうち2フロアは水面下に隠れており、一つ一つの客室が小型水族館のように、魚と共に眠る風変わりな体験を宿泊客に提供する。ホテルの総建築面積は6万平方メートルを超え、完成後はインターコンチネンタルホテルズグループが管理を担う。深坑という環境の特徴を存分に生かし、ホテルでは他にロッククライミング場やビューレストラン、宴会ホール、遊歩道などの娯楽レジャー施設を備えており、そばにはテーマパークも併設されている。(記者/張夢潔、李海偉)<映像内容>断崖絶壁の採石場跡地にホテル開業、撮影日:2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 上海市 松江区 ホテル インターコンチネンタル上海ワンダーランド」 世茂深坑洲際酒店 建物 建設 建築 施工 断崖絶壁 採石場跡地 しゃざん インターコンチネンタル インターコンチネンタルホテルズグループ インターコンチネンタル上海 インターコンチネンタル上海ワンダーランド カーテンウォール カーテンウォール施工 コンクリート コンクリート搬送 スイートルーム テーマパーク ビューレストラン ホテル建築 ホテル開業 メイン空間 レジャー施設 ロッククライミング ワンダーランド 一つ一つ 上海ワンダーランド 上海市松江区 中国上海市 中国上海市松江区 主体構造 地上部分 地質条件 地質調査 坑ホテル 娯楽レジャー施設 宴会ホール 小型水族館 建築面積 施工方式 施工期間中 松江区佘 異形鉄筋 研究論証

映像情報

撮影日
2018/11/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
07分24秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4