「新華社」各国の一流シェフが腕を競う瀋陽で中国料理世界大会
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」各国の一流シェフが腕を競う瀋陽で中国料理世界大会 「匠の心、革新、トレンド、中国料理のグローバル化」をテーマにした2018年中国料理世界大会(個人戦)がこのほど、遼寧省瀋陽市で始まった。世界各地から集まったトップレベルの料理人約200人が240以上の項目で技を競い、約2千点ものオリジナル中国料理を創作。中国美食の文化的魅力を表現した。一流シェフが一堂に会した会場では、斬新なスタイルの料理が次々と生み出され、訪れた観衆を魅了していた。主催者は、今回の大会が中国料理の一流の技を競い合うだけでなく、中国美食の文化的祭典という意味も持つと説明。料理の腕を競いながら、中国美食の文化的魅力を表現し、中華飲食文化の継承と革新を推し進め、奥深く、質感に富み、温かさを持った「舌で味わう中国」を世界に示したいと述べた。中国調理協会が発起、主催した同大会は、世界司厨士協会連盟(WACS)が公認した唯一の世界的な中国料理大会で、2015年に始まり、これまでに3回行われている。(記者/高銘、韓赫)<映像内容>2018年中国料理世界大会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国料理世界大会 遼寧省 瀋陽市 料理人 一流シェフ 中国料理 創作 美食 グルメ 中国調理協会 世界司厨士協会連盟 WACS 文化 中華飲食文化 国際交流 WACS オリジナル オリジナル中国料理 グローバル化 スタイル トップレベル トレンド 世界各地 世界大会 中国料理大会 中国美食 中国調理 中華飲食 文化的祭典 文化的魅力 調理協会 遼寧省瀋陽市 飲食文化

映像情報

撮影日
2018/11/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
04分07秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4