「新華社」北の地を漂う一面の流氷黒竜江
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北の地を漂う一面の流氷黒竜江 中国黒竜江省伊春市の嘉蔭(かえい)県はここ数日で気温が急激に下がり、中国とロシアの国境を流れる黒竜江は凍結が始まり、まもなく6カ月間の航行可能期間を終える。川が凍り付く前の壮大な「流氷」の光景は、嘉蔭一帯で見られる美しい風物詩だ。一般的に冬といえば葉が落ちた寒々しい木々を思い浮かべるだろう。しかし嘉蔭は違う。一面の流氷が押し流されていく壮大な光景を味わえるだけでなく、寒中水泳のこの上ない楽しさを自ら体験できる。雪が降ったばかりの嘉蔭の気温は低く、マイナス20度まで下がった早朝、黒竜江のほとりにはすでに10人余りの嘉蔭寒中水泳協会の愛好者たちが集まっていた。中高年の人々も多く、最高齢者は65歳だ。戸外で分厚い綿入れの衣服を脱ぐと凍てつく水中に飛び込み、黒竜江を心ゆくまで泳ぎ怒涛の勢いで流れていく流氷と触れ合った。酷寒にあらがうことが楽しみな愛好者たちは、身体の限界に挑みつつ、寒々とした冬の日に熱い思いをぶつけた。(記者/張玥、劉宇軒)<映像内容>嘉蔭の流氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 黒竜江省 伊春市 嘉蔭県 ロシア 国境 凍結 流氷 光景 景色 風景 風物詩 寒中水泳 マイナス 中国黒竜江省 中国黒竜江省伊春市 嘉蔭一帯 嘉蔭寒中水泳 寒中水泳協会 流氷黒竜江 熱い思い 航行可能 航行可能期間 蔭寒中水泳 蔭寒中水泳協会 黒竜江省伊春市

映像情報

撮影日
2018/11/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分16秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4