「新華社」中国で音楽の道を歩むポーランド女性
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国で音楽の道を歩むポーランド女性 奥深い中華文化、日々向上する投資環境、多くの選択肢がある就業機会。改革開放の40年来、中国の開放度の向上に伴い、仕事や学習、生活のために中国にやって来る外国人も増え続けている。開放された中国は現在、外国人のチャイナドリーム実現をサポートしている。ポーランド女性のアレクサンドラさんは同国のグダニスク音楽院バイオリン科を卒業し、2014年から2017年まで中国貴陽交響楽団に所属した。その後、ポーランドに帰国してわずか数カ月後、再び中国に戻り、試験に合格して中国国家大劇院管弦楽団のバイオリニストになり、同楽団の2017年米国巡回公演に参加した。アレクサンドラさんは、国家大劇院管弦楽団での活動経験から得るものは多いと話している。彼女は同楽団で、世界各国の優れた演奏家と共演できるだけでなく、多様な音楽形式に触れ、さまざまな指揮者に学ぶチャンスも手にしている。アレクサンドラさん私は中国を愛しています。(記者/龐元元)<映像内容>中国で音楽をするポーランド女性の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中華文化 中国 音楽 ポーランド女性 外国人 チャイナドリーム グダニスク音楽院 バイオリン科 中国貴陽交響楽団 中国国家大劇院管弦楽団 バイオリニスト 演奏家 指揮者 国際交流 文化交流 アレクサンドラ グダニスク グダニスク音楽院バイオリン サポート チャイナ チャイナドリーム実現 チャンス ドリーム ドリーム実現 バイオリン ポーランド 世界各国 中国国家大劇院 交響楽団 就業機会 巡回公演 投資環境 改革開放 活動経験 管弦楽団 米国巡回 米国巡回公演 陽交響楽団 音楽形式 音楽院バイオリン

映像情報

撮影日
2018/12/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分19秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4