開放で発展続ける敦煌甘粛省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 開放で発展続ける敦煌甘粛省  世界遺産の莫高窟。(2016年9月7日、小型無人機から)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2016(平成28)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 甘粛省 敦煌 世界遺産 莫高窟 風景 景色 景観 ドローン 空撮 シルクロード シルクロード上の シルクロード上の漢民族 上の漢民族 中国甘粛省 中国西北部 古代シルクロード 古代シルクロード上の 対外開放 小型無人機 改革開放 敦煌甘粛省 西方民族

画像情報

登録日時
2016/09/07 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1864×3205 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ