産業転換と高度化目指す「玩具の都」広東省汕頭市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 産業転換と高度化目指す「玩具の都」広東省汕頭市  12日、汕頭市澄海区の展示ホールで玩具を見て回る仕入れ業者(バイヤー)。中国で「玩具の都」と呼ばれる広東省汕頭(せんとう、スワトウ)市澄海区はここ数年、単純な玩具加工産業からクリエイティブ産業やカルチャー産業といったハイエンド産業への転換に取り組んでいる。現在では、造形デザインや原料供給、鋳型加工、部品製造、組み立て、アニメ関連製品、展示貿易、販売輸送などの専門化された分業体制による産業クラスターが形成され、産業集積による優位性を確立している。同区で生産された玩具製品の6割近くは140以上の国・地域に輸出されている。(汕頭=新華社記者/陳鐸)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 広東省 汕頭市 産業転換 高度化 玩具 生産 展示ホール 仕入れ業者 バイヤー アニメ関連 アニメ関連製品 カルチャー カルチャー産業 クリエイティブ産業 スワトウ デザイン ハイエンド ハイエンド産業 分業体制 加工産業 原料供給 展示貿易 市澄海区 広東省汕頭 広東省汕頭市 汕頭市澄海区 玩具加工 玩具加工産業 玩具製品 産業クラスター 産業集積 組み立て 販売輸送 造形デザイン 部品製造 鋳型加工 関連製品

画像情報

登録日時
2018/12/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2918×4128 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ