「新華社」香港の今年の漢字は「順」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」香港の今年の漢字は「順」 中国の香港民主建港協進連盟(民建連)は28日、「香港今年の漢字」の選考結果を発表した。今回の選考には2万人近くが投票し、その中から「順」が今年の漢字に選ばれた。発表式では民建連の曽鈺成(そう・ぎょくせい)創会主席が、パネルに筆で「順」の字を書き、最終結果を披露した。「順」は2位「民」の2倍近い5838票を獲得した。3位以下には「楼」「公」「風」「通」などが選ばれた。民建連は11月初旬に10文字の候補字を発表した。主催者側は、漢字は物事を簡潔かつ正確に表現するものだと述べ、香港市民が今回の選考を通じて社会の状況を考察し、顧みるとともに、中華文化を高揚させていくことに期待を示した。今年選ばれた「順」の解釈について主催者側は、香港特別行政区立法会の議事規則が改正されて以降、立法会の運営が以前より円滑かつ秩序あるものになったことを表すものだとしている。香港民主建港協進連盟曽鈺成(そう・ぎょくせい)創会主席(この字は)民衆が順調だったと感じる近年を反映しているだけではなく、このまま順調であることを願う意味も込められている。【解説】香港の「今年の漢字」選考イベントは2013年に始まり、昨年までに和、融、法、乱、貴が選ばれている。(記者/万後徳、劉思遠)<映像内容>「香港今年の漢字」の選考結果、撮影日:2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 香港 香港民主建港協進連盟 民建連 「香港今年の漢字」 選考結果 「順」 文化 このまま イベント 中華文化 今年の漢字 民主建港協進連盟 民主建港協進連盟曽 民主建港協進連盟曽鈺 議事規則 選考イベント 香港今年の漢字 香港市民 香港民主建港協進連盟曽 香港特別行政区立法会

映像情報

撮影日
2018/12/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分09秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4