「新華社」財布もケータイもいらない顔認証決済スタート
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」財布もケータイもいらない顔認証決済スタート 中国の大手ベーカリーチェーンの味多美(wedome)は27日、支付宝(アリペイ)顔認証決済を導入した。従来型食品業界の経営モデルと最新のモバイル決済テクノロジーが結び付き、買い物客が携帯電話を出さずに支払いを完了できるようになった。支付宝(アリペイ)商業決済事業部北京地区担当者劉炎夥(りゅう・えんか)氏これにより実現できることが二つあります。まず、レジ係の代金受領の効率向上と時間的コストの低減をサポートできます。同時に、顧客がより素早く支払いできるようになります。顧客の携帯電話の電池が切れていたり、たくさんの荷物で手がふさがっていたり、携帯電話がフリーズしたりすると、レジには長蛇の列ができ、待ち時間を長くさせ、支払いに影響します。しかし、顔認証決済はこれらの問題を解消し、顔で支払いを完了できるようになりました。スタッフの紹介によると、2018年現在、すでに顔認証機能対応のセルフレジが物販、飲食、医療など大型商業施設で利用されている。今後の生活の中では、顔認証技術が携帯電話のロック解除、本人確認、決済など広範囲で使用され、市民の日常業務と生活を便利にしていくという。(記者/王君璐、馬暁冬)<映像内容>顔認証決済利用の様子、撮影日:2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 パン製造 小売り 味多美 wedome オンライン決済サービス 支付宝 アリペイ 新型顔認証端末 「蜻蜓(トンボ)」 「トンボ」 スマートフォン モバイル決済 IT 科学 技術 wedome りゅうえんか オンライン オンライン決済 ケータイ サポート サービス スタッフ スタート セルフレジ チェーン テクノロジー フリーズ ベーカリー ベーカリーチェーン モバイル モバイル決済テクノロジー ロック解除 事業部北京 事業部北京地区 代金受領 効率向上 北京地区 北京地区担当者 商業決済 商業決済事業部 地区担当者 地区担当者劉 大型商業施設 大手ベーカリー 大手ベーカリーチェーン 待ち時間 担当者劉 携帯電話 日常業務 時間的コスト 本人確認 機能対応 決済サービス 決済スタート 決済テクノロジー 決済事業部 決済事業部北京 決済利用 経営モデル 認証機能 認証機能対応 認証決済 認証決済スタート 認証決済利用 認証端末 買い物客 顔認証技術 顔認証機能 顔認証決済 食品業界

映像情報

撮影日
2018/12/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分15秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4