中国の科学者、月面で初の発芽に成功
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国の科学者、月面で初の発芽に成功  月から送られてきた画像。月の裏側に着陸した中国の月探査機「嫦娥4号」に搭載された生物科学実験に関する積み荷のうち、綿花の種がこのほど、発芽に成功した。これは人類が初めて月面で発芽させた植物の新芽であり、人類初の月面での生物育成実験となった。同実験プロジェクトの責任者が15日に明らかにした。今回の重慶大学が主導する生物科学の普及を目的とした実験のために嫦娥4号に搭載された積み荷は、綿花のほか、アブラナとジャガイモ、シロイヌナズナ、酵母、ショウジョウバエの6種の動植物。ミニ生態系を形成しており、密封された缶に入れられている。缶は特殊なアルミニウム合金素材でできており、直径173ミリ、高さ198・3ミリ、総重量2・608キロ。動植物が成長できる空間の容量は1リットルほどとなっている。高真空、激しい温度差、強い放射線など、月面上の苛酷な環境に耐えて積み荷が送ってきた画像を見ると、綿花が見事に発芽していた。12日午後8時、最後の1枚の実験画像からは、積み荷内の新芽の良好な生育状況がわかる。実験終了前までに送られてきたデータからほかの動植物が生育しているとの状況は観測できなかったという。(重慶=新華社配信/中国教育部深空探測センター、重慶大学提供)=2019(平成31)年1月、クレジット:中国教育部深空探測センター・重慶大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国 月探査機 「嫦娥4号」 環境 月面 綿 種子 綿花 植物 発芽 栽培 生物科学実験 成功 宇宙 科学 技術 アブラナ アルミニウム合金 アルミニウム合金素材 ショウジョウバエ シロイヌナズナ ジャガイモ センター センター重慶 センター重慶大学 プロジェクト ミニ生態系 中国教育部 中国教育部深空 実験プロジェクト 実験画像 実験終了 探測センター 探測センター重慶 教育部深空 教育部深空探測 月の裏側 深空探測 深空探測センター 生物科学 生物育成 生物育成実験 生育状況 科学実験 育成実験 重慶大学

画像情報

登録日時
2019/01/15 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1125×1500 pixel
解像度
150 dpi
展開サイズ※
4.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ