「新華社」華為技術、ブラジルと世界の距離を短縮
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」華為技術、ブラジルと世界の距離を短縮 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は20年前のブラジル進出以降、一貫して同国通信業界の中心的存在であり続けている。南米各国でのブランド知名度は非常に高く、良質の無線サービスの提供に加え、現在は第5世代移動通信システム(5G)事業の構築に注力している。同社は通信技術やサーバー、データセンターなどの提供を通して、世界を結び付けることを目指している。高い製品水準に加え、高い道徳的基準も備えている。ファーウェイは労働法だけでなく、会計や環境面の法律や汚職防止や個人情報保護の主要規則まで、強力かつ積極的に法の遵守に取り組む方針を打ち出しています。ファーウェイの職員は3カ月毎に汚職防止方針の再研修を受講しますが、このような環境下で良好なプログラムを受けています。同社はさらに水中光ファイバーケーブルを提供しており、その大部分は有名なアマゾン川の水中に敷設されている。これまで通信サービスが提供されなかった地域を結び付け、ブラジルの人々と世界の距離をさらに近づけている。(記者/趙焱、禹麗貞)<映像内容>世界各地のファーウェイの風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 通信機器メーカー 華為技術 ファーウェイ ロゴマーク ブラジル 南米 第5世代移動通信システム 5G 通信技術 風景 アマゾン川 サーバー サービス データセンター ブラジル進出 ブランド ブランド知名度 プログラム メーカー 世界各地 個人情報保護 光ファイバーケーブル 南米各国 同国通信 同国通信業界 水中光ファイバーケーブル 汚職防止 汚職防止方針 無線サービス 製品水準 通信サービス 通信業界 通信機器 防止方針 高い製品 高い製品水準

映像情報

撮影日
2019/01/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分49秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4