「新華社」スマート化で帰省をより快適に浙江省杭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」スマート化で帰省をより快適に浙江省杭州市 中国浙江省の杭州東駅は今年、利用者にとって一層便利になるように、多くのインフラや関連サービスを改善した。一部では「ブラックテクノロジー」(画期的で先進的な技術)が導入され、利用者はスマート化による新たな体験を味わえる。同駅では春節(旧正月)の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢「春運」が21日から始まったのに合わせ、「インテリジェントトイレ」が設置された。トイレの使用状況をより直感的に表示することで、利用者は使用時に気まずい思いをすることがなくなった。「インテリジェントトイレ」はトイレの個室の利用状況をリアルタイムに反映できるだけでなく、利用ピーク時には、男女の個室の数が調整され、利用者が長い列を作らないようになっている。待合室の中央ホールの両脇にあるサービスカウンターの周りにはタッチパネルの情報端末を増設し、よりスマート化、現代化、情報化された。利用者は自ら操作して列車、切符、落とし物などの情報を調べることができる。利用者がスムーズに改札の検査を終えて駅に入れるように、杭州東駅は今年、南口と北口に新たに「顔認識システム」を導入した。利用者は身分証を機械の上に乗せ、顔を映すだけで、改札を終え入場することができる。これらインテリジェントな要素のほか、無料で記念撮影をしてもらえる「幸福写真館」や可動式の授乳室など人々に便利なサービスも好評だ。杭州東駅当務駅長楊咪さん今年の杭州東駅は一連のサービスに関する措置を取っています。これらは安全で秩序あり心温まる「春運」を目指すという私たちの目標に合致しており、お客さまにより良い「春運」を体験していただけます。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>スマート化された杭州東駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 浙江省 杭州東駅 インフラ サービス 改善 ブラックテクノロジー IT 科学 技術 春節 旧正月 帰省 Uターンラッシュ 特別輸送態勢 「春運」 スマート化 「インテリジェントトイレ」 使用状況 タッチパネル 情報端末 顔認識システム 「幸福写真館」 可動式 授乳室 スマートフォン Uターンラッシュ お客さま インテリジェント インテリジェントトイレ カウンター サービスカウンター スマート ピーク時 リアルタイム 中国浙江省 中央ホール 利用ピーク時 利用状況 務駅長楊 帰省Uターンラッシュ 浙江省杭州市 落とし物 記念撮影 輸送態勢 関連サービス 駅長楊咪

映像情報

撮影日
2019/01/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分51秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4