「新華社」スマートサービスで「ハイテク」春運を体験内モンゴル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」スマートサービスで「ハイテク」春運を体験内モンゴル自治区 顔認証による入場システム、自動改札機、セルフサービスの無人券売機、微信(ウィーチャット)や支付宝(アリペイ)によるオンライン決済、無人スーパーなど、今年の「春運」(旧正月の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)はいたるところにテクノロジーが導入されている中国内モンゴル自治区中西部地区の各鉄道駅では、スマート化した利用者視点に立った取り組みが随所に見られる。今年の「春運」に備え、同自治区では各主要駅に実名制本人確認自動改札機を設置、乗客は身分証を持って「顔認証システム」を通り駅構内に入ることができる。各駅ではスマートロボットによる案内サービスも導入されており、いかなる問い合わせにも対応できるスマートガイドとして、かわいいロボットが広報・案内、旅行情報の提供を行っている。フフホトや包頭など12の主要バスターミナルでは、発券所や待合室など人の流れが集中するエリアに、黄色い帽子とベストを着用した「ミツバチ」と呼ばれるボランティアの姿が見られる。彼らは待合室や発券所、ホーム上で、高齢者や妊婦の代わりに重い荷物を持ったり子どもを抱いたりするほか、農民工(出稼ぎ農民)の切符購入や乗り換え案内の手助けも行っている。(記者/張晟)<映像内容>スマート化された中国の鉄道駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 内モンゴル自治区 顔認証 入場システム 自動改札機 セルフサービス 無人券売機 微信 ウィーチャット 支付宝 アリペイ オンライン決済 スマートサービス 科学 技術 テクノロジー 鉄道駅 「春運」 ロボット 交通 Uターンラッシュ オンライン サービス システム スマート スマートガイド スマートロボット スーパー ハイテク バスターミナル フフホト ボランティア ミツバチ 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区中西部 中西部地区 乗り換え 乗り換え案内 体験内モンゴル自治区 内モンゴル自治区中西部 内モンゴル自治区中西部地区 出稼ぎ農民 切符購入 利用者視点 取り組み 問い合わせ 帰省Uターンラッシュ 広報案内 旅行情報 本人確認 本人確認自動改札機 案内サービス 無人スーパー 認証システム 輸送態勢 顔認証システム

映像情報

撮影日
2019/01/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分52秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4