愛称はフィールドキャスト 東京五輪ボランティア
本映像はログイン後にご覧いただけます

愛称はフィールドキャスト 東京五輪ボランティア 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、競技会場や選手村などで運営に関わる大会ボランティアやスタッフの愛称が「フィールドキャスト」に決まったと発表した。キャストには「配役」の意味がある。最終候補4案から、20日まで行われたボランティア応募者による投票で選ばれた。投票総数3万7739票のうち、1万6187票を獲得した。〈映像内容〉会場雑観、アンベール、出席者トーク、フォトセッション、物撮り(ボード)など、撮影日:2019(平成31)年1月28日、撮影場所:東京都内

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 フィールドキャスト オリパラ オリンピック パラリンピック アンベール キャスト スタッフ セッション パラリンピック組織委員会 フィールド フォトセッション ボランティア ボランティア応募者 会場雑観 出席者トーク 大会ボランティア 投票総数 最終候補 東京五輪 東京五輪ボランティア 東京都内 組織委員会

映像情報

撮影日
2019/01/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分17秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov