三重・尾鷲でヤーヤ祭り 白装束の男がぶつかり合い
本映像はログイン後にご覧いただけます

三重・尾鷲でヤーヤ祭り 白装束の男がぶつかり合い 男たちが白装束で通りに繰り出し、集団でぶつかり合って豊漁と豊作を祈る奇祭、ヤーヤ祭りの「練り」が2日夜、三重県尾鷲市で始まった。普段は静かな街には「チョウサじゃ!」という勇壮なかけ声が響いた。300年以上前から続くといわれる尾鷲神社の例祭で、神に祭りの開始を告げる1日の「扉開き」に続く行事。各町内の数十人の男たちが通りで一丸となって相手を押し合う。「チョウサ」の意味は「年越し」「祭りに参加できる年齢に達した」などの説がある。〈映像内容〉太鼓の演奏や男たちが押し合うなどの祭りの様子、撮影日:2019(平成31)年2月2日、撮影場所:三重県尾鷲市

タグ 白装束 集団 豊漁 豊作 奇祭 ヤーヤ祭り 練り 三重県尾鷲市 チョウサじゃ 尾鷲神社 チョウサ 三重尾鷲

映像情報

撮影日
2019/02/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分04秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov