「新華社」独特の年越し料理寿山石の「満漢全席」福建省福州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」独特の年越し料理寿山石の「満漢全席」福建省福州市 中国福建省の工芸美術家で無形文化遺産継承者の孫兆勇(そん・ちょうゆう)氏は、春節(旧正月)を迎えるに当たり、自身が20年近くかけて収集した数十種類の寿山石で制作した151種類の「寿山石満漢全席」を公開した。作品は福州市で古い町並みが残る三坊七巷で「食卓」に並べられ、多くの市民が「味見」に訪れた。孫氏によると、寿山石彫刻は南北朝時代に始まり清代で盛んになったといい、千年以上の歴史を持つ。原石の色や性質、紋様を利用して巧みな彫刻を施し、あたかも天然のものに見せる「俏色巧彫(しょうしょくこうちょう)」を伝統としている。2013年には孫氏が143種類の寿山石を用いて制作した福州市の伝統特色を備えた作品「寿山石満漢全席」が「上海大世界ギネス」に認定された。今回展示された「寿山石満漢全席」は、月尾石や善伯凍、艾葉緑、老嶺石、芙蓉石、杜陵石などの寿山石に一つ一つ彫刻されており、干したけのこやクラゲの皮、牡蠣豆腐、つみれ、中国菓子の「麻花(マーホア)」、福建の郷土料理「佛跳牆(ぶっちょうしょう)」「太平燕(タイピーエン)」などの料理はまさに本物そっくりだった。孫氏は1994年に最初の「料理」を彫刻してから、これまでに151種類の作品を制作。25年かけて「寿山石の盛宴」を「調理」し続けてきた。当初は主に佛跳牆やつみれ、太平燕などの福建料理や果物、野菜を制作していたが、今ではハンバーガーやピザ、シーフードなど西洋の現代食文化を代表する多くの食物を創作に取り入れるようになったという。孫氏は「寿山石満漢全席」は国境を越え、全世界に福州市の寿山石文化を広める役割を担うようになったと語った。(記者/魏培全)<映像内容>本物そっくりな年越し料理の彫刻、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 福建省 三坊七巷 工芸美術家 春節 旧正月 寿山石 制作 「寿山石満漢全席」 年越し料理 食卓 食べ物 彫刻 「俏色巧彫」 中国文化 伝統文化 牡蠣豆腐 中国菓子 「麻花」 郷土料理 「佛跳牆」 「太平燕」 芸術 アート しょうしょく そんちょうゆう たけのこ ちょうしょう ちょうゆう シーフード タイピーエン ハンバーガー マーホア 一つ一つ 一つ一つ彫刻 世界ギネス 中国福建省 伝統特色 南北朝時代 寿山石彫刻 寿山石文化 寿山石満漢全席 年越し料理寿山石 料理寿山石 満漢全席 無形文化遺産 無形文化遺産継承 福建料理 福建省福州市

映像情報

撮影日
2019/02/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分53秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4