「新華社」ランの花を高級品から大衆のものに広東省翁源県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ランの花を高級品から大衆のものに広東省翁源県 春節(旧正月)が近づくと、中国では香り高く優雅で美しいランを重要な年越し用品として購入する家庭が多い。中国広東省の北部山岳地帯に位置する韶関(しょうかん)市翁源(おうげん)県は「中国のランの里」と呼ばれている。春節前、この地にはランの買い付けに大勢の業者が訪れ、にぎやかな様相を呈している。この20年間に同県のラン栽培産業はゼロから大きな発展を遂げた。現在では300以上の企業があり、ランの栽培面積は1万5千ムー(約1千ヘクタール)、2018年の売上高は13億5千万元(1元=約16円)に達している。栽培の拡大や産業化により、ランは高級品から次第に一般市民の手に届く存在に変わってきている。ランが大衆化した理由には、量産化の他にますます進んだ流通の合理化も挙げられる。中国の物流業やネット販売の発展により、山奥で栽培されたランが消費者に直接に届けられるようになった。現在、ランの栽培は地元の基幹産業として、人々が貧困状態を抜け出し、小康(ややゆとりのある)生活を実現するための重要な支えとなっている。(記者/黄国保、車暁蕙、黄浩苑)<映像内容>栽培されているランの花の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 広東省 翁源県 ラン 高級品 大衆 年越し 春節 旧正月 「中国のランの里」 買い付け 栽培 農業 風景 ビニールハウス しょうかん ネット販売 ラン栽培 ラン栽培産業 一般市民 中国広東省 北部山岳地帯 基幹産業 山岳地帯 年越し用品 広東省翁源県 栽培産業 栽培面積 貧困状態

映像情報

撮影日
2019/02/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分22秒
音声有無
なし
映像有無
あり
映像形式
mp4