「新華社」瀋陽故宮で過ごす春節清朝秘宝を鑑賞して乾隆帝の春聯を手に入れよう
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」瀋陽故宮で過ごす春節清朝秘宝を鑑賞して乾隆帝の春聯を手に入れよう 中国遼寧省の瀋陽故宮博物院で宮門に門神を掲げることは、清朝康熙25年(1686年)に始まった年越しの風習で、現代では同博物院の春節(旧正月)イベントの開始を意味する。春節関連の特別展もこれを機に次々と幕を開ける。「吉語迎春」と題した特別展では、「福・寿・喜」といった縁起の良い文字で装飾された清朝宮廷の文化財50点を厳選して展示している。展示品には雍正帝50歳の祝いに使われた「礬紅白蝠寿紋大盤」や、乾隆帝時代の宮廷で誕生祝いに用いられた「闘彩寿字紋盤」、慈禧太后(西太后)の誕生祝いのために制作された「黄地粉彩蝠寿盤」などが含まれる。同博物院では亥年の春節を迎えるにあたり、特別にミュージアムグッズを発売した。なかでも「万福之源」と呼ばれる商品は、博物院としては初の新春ギフトセットとなる。乾隆帝の筆による対聯(門に貼る縁起の良い対句)と「福」の字、博物院が所蔵する将軍門神のレプリカ、福、禄、寿、喜、財を象徴する5種類の動物をモチーフにした祝儀袋などが入っている。(記者/姜兆臣)<映像内容>春節で盛り上がる瀋陽故宮の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 遼寧省 瀋陽故宮 春節 旧正月 年越し 特別展 「吉語迎春」 文化財 展示 清朝秘宝 「礬紅白蝠寿紋大盤」 「闘彩寿字紋盤」 「黄地粉彩蝠寿盤」 「万福之源」 新春ギフトセット 対聯 「福」 中国文化 風景 イベント ギフトセット ミュージアム ミュージアムグッズ モチーフ レプリカ 中国遼寧省 乾隆帝時代 寿紋大盤 将軍門神 慈禧太后 故宮博物院 春節清朝 春節清朝秘宝 春節関連 清朝宮廷 清朝康熙 瀋陽故宮博物院 礬紅白蝠 粉彩蝠寿 紅白蝠寿 誕生祝い 黄地粉彩 黄地粉彩蝠

映像情報

撮影日
2019/02/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分23秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4