首都高料金、上乗せを議論 東京五輪の渋滞対策で検討会
本映像はログイン後にご覧いただけます

首都高料金、上乗せを議論 東京五輪の渋滞対策で検討会 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、国や専門家らを交えた「交通輸送技術検討会」を都庁で開き、大会期間中の渋滞対策として、首都高速道路の通常料金に上乗せして課金する「ロードプライシング」の導入に向けた議論を始めた。会合では、ほかにも追加対策として(1)車両のナンバープレートの番号の末尾が偶数か奇数かで通行できる日を規制する案(2)複数の人が相乗りする車両の専用レーンを導入する案―が示されたが、この2案の導入は難しいとみられている。ロードプライシングを導入した場合、交通量減少のメリットがある一方、自動料金収受システム(ETC)の改修といった課題がある。<映像内容>「東京2020オリンピック・パラリンピック競技会交通輸送技術検討会(第4回)」の会議雑観、冒頭の神田昌幸・東京2020組織委員会輸送局長のあいさつ、齋藤勝久・組織委輸送企画部長の説明、撮影日:2019(平成31)年2月6日、撮影場所:東京都庁

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 オリパラ 交通輸送技術検討会 ロードプライシング 神田昌幸 齋藤勝久 あいさつ オリンピック オリンピックパラリンピック オリンピックパラリンピック競技会 ナンバープレート パラリンピック パラリンピック競技会 パラリンピック競技会交通 パラリンピック組織委員会 メリット 交通輸送 交通輸送技術 交通量減少 企画部長 会議雑観 大会期間中 専用レーン 技術検討会 斉藤勝久 斉藤勝久組織 東京五輪 東京都庁 渋滞対策 競技会交通 競技会交通輸送 組織委員会 組織委員会輸送 組織委員会輸送局長 自動料金収受システム 輸送企画 輸送企画部長 輸送局長 輸送技術 輸送技術検討会 追加対策 通常料金 首都高料金 首都高速道路

映像情報

撮影日
2019/02/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分31秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov