「新華社」料理の大家が教える現代の春節料理
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」料理の大家が教える現代の春節料理 劉敬賢(りゅう・けいけん)さんは1983年に行われた初の全国料理コンクールで優勝した中国特1級料理大師だ。新春に際して、75歳の劉さんは自ら厨房に立って腕を振るい、数種類の中国伝統の正月料理を教えてくれた。劉さんによると、近年は生活水準が絶えず高まり、人々の飲食に対する考え方も大きく変化した。以前の高カロリーなごちそうからヘルシーでグリーンな食事へ、ボリューム重視から手の込んだ料理を求めるようになった。しかしどのように変化しようと、ある種の懐かしい伝統の味は、人々の記憶に深く刻まれている。劉さんは、今では現代人の健康や環境保護への要求にそぐわなくなってしまった元の食材に替えて新しい食材を用意した上で、できるだけ伝統的な調理法を保ち、なじみの味を求める人々の舌を満たしている。このほか、中国人の伝統的な観念でごちそうとされてきた熊掌(ゆうしょう、熊のてのひら)やフカヒレなどは、人々の環境保護意識の高まりと法律・制度の整備によって、テーブルに上がることはなくなった。しかし今でも、代替品を使うことで伝統的な調理の技を保ち、見た目も味も栄養価も非常に似通った料理を作り、人々の好みを満たすことができる。今日では人々の食への要求はますます高くなり、「食べて満足する」だけでなく、健康に良い食事を求めている。科学的な衛生観念も浸透している。「食」は単に生活の必要を満たすものではなくなり、次第に一種の芸術、文化へと変貌を遂げている。(記者/高銘)<映像内容>春節料理の調理風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 新春 春節 旧正月 正月料理 中国文化 中国料理 中華料理 調理 伝統文化 食事 健康 食文化 熊掌 フカヒレ けいけん ごちそう てのひら りゅうけいけん カロリー コンクール テーブル ボリューム ボリューム重視 中国伝統 全国料理 全国料理コンクール 料理コンクール 料理大師 春節料理 法律制度 環境保護 環境保護意識 生活水準 衛生観念 調理風景

映像情報

撮影日
2019/02/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
04分28秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4