洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す  隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した銅銭。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 河南省 洛陽市文物考古研究院 隋唐洛陽城寧人坊遺跡 仏教文化 出土 竜興寺 歴史 考古学 中国文化 銅銭 洛陽 古寺遺跡 唐代仏教 きょうどう レリーフ 中国河南省 中国河南省洛陽市 京城坊考 仏教文化財 唐洛陽城 城寧人坊 官立寺院 寧人坊遺跡 文物考古 文物考古研究 河南省洛陽市 河南省洛陽市文物 洛陽城寧人 洛陽市文物 洛陽市文物考古 石柱金属 考古研究 隋唐洛陽

画像情報

登録日時
2016/12/30 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3456×4608 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
45.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ