「新華社」世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施 中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われている。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。全体的な運転状況は良好で、営業運転を実現する能力をほぼ備えており、四川省宜賓(ぎひん)市や江西省九江(きゅうこう)市永修(えいしゅう)県など、中国南部の都市で相次いで導入され、今後実用化の段階に入る。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中国中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。中国中車株洲電力機車研究所が2017年6月に研究開発したスマートレール路面電車は、路面の仮想レール追従技術を採用し、ゴムタイヤを装着した電動車両を輸送手段とする新型の軌道交通システムだ。レールを敷設する必要がなく、既存の道路を改修するだけで、車両に取り付けられた監視カメラや探知レーダーなどが路面の標識線や周辺の情報を収集し、路面の標識線を仮想レールとして、多軸ステアリングシステムにより、仮想レールに沿って運行する。蓄電池を搭載した車両は急速充電にも対応しており、10分間の充電で25キロの航続が可能だ。設計最高速度は時速70キロで、最小回転半径は15メートル、前後両方向に走行が可能で、低コストで輸送力が高く、車両製造工期が短いなどの特徴がある。(記者/丁春雨)<映像内容>中国のスマートレール電車の試験運転の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 黒竜江省 ハルビン市 春節 旧正月 氷点下 スマートレール路面電車 スマートレール電車 世界初 試験運転 交通 科学 技術 中国中車株洲電力機車研究所 街並み 空撮 えいしゅ きゅうこう カーブ走行性能 ゴムタイヤ システム ステアリング ステアリングシステム スマート スマートレール モデル路線 レーダー レール路面電車 レール路面電車モデル レール追従 レール追従技術 レール電車 レール電車氷点下 中国中車 中国中車株 中国中車株洲 中国南部 中国黒竜江省 中国黒竜江省ハルビン市 交通システム 仮想レール 仮想レール追従 低温環境 使用性能 北部寒冷 北部寒冷地域 営業運転 回転半径 寒冷地域 平均速度 探知レーダー 最低気温 最大航続 最大航続能力 最小回転 最小回転半径 最高速度 株洲電力 氷雪路面 監視カメラ 研究開発 科学的根拠 航続能力 製造工期 設計最高速度 試験運転実施 走行性能 路面電車 路面電車モデル 路面電車モデル路線 車両製造 車両製造工期 軌道交通 軌道交通システム 軸ステアリング 軸ステアリングシステム 輸送手段 追従技術 追従精度 運転実施 運転状況 部品設備 電動車両 電気部品 電気部品設備 電車氷点下 黒竜江省ハルビン市

映像情報

撮影日
2019/02/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分43秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4